ここは漫画家 御童カズヒコのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
帯ひろ志先生、急逝
3日午前7時40分頃、脳幹出血でお亡くなりになった。

HPの掲示板のほうで書いてくれた方がいて知った。

同じ雑誌で漫画を描いていても、
漫画家同士が顔を合わせることはあまりなく、
偶然編集部で会うとか、忘年会などで会うぐらい。
帯先生とは講談社の忘年会で数回お会いした程度。

ただ、ボンボンで同時期に連載をしていて毎月漫画を見ていたし、
年齢も近かったからショックも大きいよ。
帯先生の描く女の子が色っぽくてねえ、
あんなふうに女の子を描ければなあなんてよく思っていた。
丸みのある柔らかな線のタッチが魅力だった。

早すぎるよなあ・・・、54歳だとオレの2歳上。
まだまだやりたい事がたくさんあっただろうに・・・。

漫画家ってのはそもそも不健康な生活してるからなあ。
いろいろ無理されていたんだろうか。

謹んでご冥福をお祈りいたします。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。