FC2ブログ
    ここは漫画家 御童カズヒコのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手でのコメント
ちゃんと読んでます。ありがとう^^

先日、体調を崩してる時の心配コメント。
とても嬉しかったです。

また、最近ウル忍にハマってオレの漫画を集めてくれてる
というコメントも嬉しかった。
オレの描く絵柄が可愛くて好きだって・・・。
これは嬉しかった。

絵柄ってのは流行り廃りがあるし、もうイマドキの絵柄じゃないはず。
でも流行りとか関係なく、オレはこの絵柄、タッチが好きなんだって
描いてきたからね。
ある時期、絵柄をガラッと変えないかと言ってきた編集さんが
いたけどね、お断りした。
オレとしては自分が好きなモノを描くってのが基本スタンス。
嫌なもの、描きたくないものを描く気は無い。

自分が楽しく描けてないものは読者だって楽しめないはずだと思う。
「仕事だからしょうがねーや」って、気持ちが入ってないものを描けば、
それは絶対読者は見抜いてしまうはず。
子供、小学生だってそれは同じ。
ボンボンでずーっと描いてきてそれだけはいつも思っていた。
「小学生向けだからこんなもんだろ」って手を抜いたら絶対バレる。
まずはオレ自身が面白いと思って描くこと、それを小学生の読者が
どう思うかって事で・・・。迎合する気は無いんだ。
「こんなの描いたけどいかがでしょうか?」なんて気持ちはサラサラ無い。
オレが面白いって思って描いたものを小学生の読者はどう見るか。
毎回真剣勝負みたいな感じで描いてた。

小学生になめられるのは嫌だし、かと言って馬鹿にもしてない。
ただ単純に作家と読者の勝負・・・みたいなねw

そこで、「絵柄が嫌いだから見ない」ってのはもうしょうがない。
「はい、ごめんなさい。他の漫画を見てください」だ。
オレ自身も好きな漫画家さんってのは絵柄から入っているからね。
絵画だってそうだろう。古いからダメってことじゃなく
その絵柄が好きか嫌いか・・・。そこが重要だったりするよね。

そーゆうことでね。
オレの絵柄が好きだって言ってもらえるのはほんと嬉しくて^^
返信無用って書いてあったけど、頂いたコメントを読んで
「あー、オレは自分の漫画をこんなふうに思っている」って事が
なんか書きたくなってねww
コメント
コメント
ウル忍、リアルタイムで読んでいました。今、27歳ですが、いつ読み返しても面白いです!それはまさに、読者が大人でも子供でも関係なく、毎回が真剣勝負だったからこそですよね。ウル忍に出会えて本当に良かったです。

今、予備校の講師をしているのですが、御童先生と同じ仕事観をもって毎回の授業に望んでいます。相手が子供だと思ってなめていたら見抜かれるし、一つ一つの授業が教師と生徒の真剣勝負だと考えています。そして、世の中のトレンドよりも自分の哲学・美学を大切にしています。その上で自分の授業が合わないのなら、「力になれなくて残念だけど、それじゃ他の先生の授業を受けてください」ってなります。

フィールドは違えど、「職人」として大先輩である御童先生のご活躍は、大変励みになります。人生で行き詰まりを感じたときは、ウル忍を読んで、笑って、そしてその背景にある職人気質に刺激を受けて、新たなスタートを切っていきたいと思います。
2014/08/26(火) 07:28:17 | URL | Joe #- [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
今でもたまにウル忍を見てくれてるようで、どもです^^

>なめていたら見抜かれる
これって、どんな職業でもそうだと思うんですよね。
食品偽装もそうだし、政治家のうっかり発言、白々しい謝罪会見とかね。
もうなめてるからそんな事になっちゃう。
自分の仕事に真剣さが足りないわけで。
個人の変なプライドは強いくせに、仕事に対するプライドが無い。
時々ブログでも書くんだけど、プロ意識が無さすぎる人が多い気がしますね。

塾の講師だと直接子供達と接するわけだから、
漫画と違ってまた大変ですね。
自分なりの哲学と美学ってのは、要はプロ意識ってことだと思います。
周りに流されぬ信念を持つということは素晴らしいことですよね。

オレの漫画を読んだ子供たちの心に何かを残したい・・・と思って
漫画を描いてきましたが、
Joeさんも授業を通して同じように考えてるんじゃないでしょうか。
これからも頑張ってくださいね^^
2014/08/27(水) 02:33:10 | URL | 御童カズヒコ #qbIq4rIg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。