ここは漫画家 御童カズヒコのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月21日(休み)その2
夜6時ぐらいから地道な作業開始。
途中風呂入って、晩飯。久々に家族4人揃う。

飯食いながら録画していた「世にも奇妙な物語」を見る。
1話めで「サプラ~イズ」なんてやっちゃうと、その後の話も全部
「サプラ~イズ」って出てきそうな気がして集中できない。
構成失敗なんじゃないか?
「走る取的」、その昔筒井康隆の小説で読んだが、
小説のほうが怖かったと思うのは自分の想像力が勝っているせいか。
以前ほど「世にも奇妙な物語」が面白く感じられないのは、
実際つまらなくなってきてるのか、オレの精神状態のせいなのか。
二日酔いのくせに晩飯でまた飲んじゃったので眠くなり
「世にも奇妙な物語」の途中で寝る。

1時間ほど仮眠して起きる。
地道な作業第3弾の続き。
今夜は昨夜スキャンしたもののレイアウト作業。
第2弾ほど面倒なことは無いのでサクサク進む。
BGMは細野晴臣、「はらいそ」、「トロピカルダンディ」、「泰安洋行」
戸川純、「TOGAWA LEGEND]。またまた80年代だw

来月始めにある、娘の彼氏のご両親との顔合わせ。
娘と彼氏で予約した和食のお店で会うのだが、
彼氏もご両親もタバコを吸わないようで、
「その時は向こうに合わせてタバコ遠慮してね」と娘に言われる。
タバコが吸えないと間が持てないなあとか、タバコが吸いたくて気もそぞろになっちゃうんじゃないかと不安になる。
別にそれが嫌だと言ってもいないのに、娘が
「それが嫌なら来なくてもいいよ」とかいきなり言いやがる。
しかも娘はスマホをいじくりながらこっちを見ずに話してる。

瞬間、引いた。
キレるとかじゃなく、なんか冷めた。

向こうのご両親に会ってくださいとお願いしてる立場なんじゃねえのか?
相手に合わせるのは当然の礼儀だし分かってはいるが、
そのへんは両方での歩み寄りだろう。

「それが嫌なら来なくてもいいよ」って事なら
じゃあ行かなくてもいいのか? いいんだよね?

さらに、「あたしと彼と一緒に住む家ではタバコ厳禁だからね。来ても吸っちゃダメだからね」とか言う。
タバコが嫌いなのは分かってはいるけどさ。
せめて換気扇の下で吸ってね・・・とか言えんのか?
行かねえよ、我慢しながら行かなきゃいけないお前の家なんか。
結婚するのは別に反対はしない。行きたきゃ行けばいい。

上の娘は彼氏に首ったけだし、嫁は田舎の母親の事で一杯一杯だし。
誰もオレのことを気にしてくれる人がいないのが寂しいのかね^^;
なんかやけにイライラしてしょうがない。
これで下の娘が彼氏となんとか・・・とか言い出したら猛反対してやるかw

まるで駄々っ子みたいなのは分かっちゃいるが、相手を気にするあまり
こちらをおろそかに・・・ってのは、やはり頭にくる。

女3人で男が1人。結構孤独なんですよ。
所詮、みんなが寝てる深夜にコソコソ活動してる男だから、
それはそれでしょうがないんだけどね^^;;
コメント
コメント
ごぶさたしております
|^▽^)ノ最後に娘様を守ってあげられるのは先生です、タバコは吸うべきです笑
2014/10/22(水) 21:01:37 | URL | 紅茶NECO #mQop/nM. [ 編集 ]
だよねー
娘に遠慮してどうすんだって話だよねー。
もうプンスカプンですよw
2014/10/23(木) 04:20:11 | URL | 御童カズヒコ #qbIq4rIg [ 編集 ]
言うべきことは・・・
先生、だだっ子なんかじゃないですよ。
僕だったら、ひっぱたいてますよ。

相手の両親との顔合わせに来なくていいなんて自分の立場というものを全く理解していないですよ。先生が出席しなければ両家の顔合わせにもなりませんし、その理由を相手方がわかれば、娘さんはお嫁さんとして喜んで迎えられる状態でなくなることをわかってないんでしょうね。
旦那さんになる人もこの話を知ればいやな気持ちになるかもしれません。

娘さんも結婚を前にして頭がお花畑状態なんでしょうが、言うべきことは言わないといけないんじゃないでしょうか。最後のしつけとして。

感情的に書いてすみません。m(_ _)mこの話を聞いて同情より、怒りの方が大きかったで。

ドンバ、購入しましたよ。しょう3の息子が喜んで読んでます。地道な作業の内容発表が待ち遠しいです。



2014/10/23(木) 08:58:37 | URL | ところてん #- [ 編集 ]
40代の頃だったら・・・
スマホ取り上げてぶん投げてひっぱたいていたかもね。
つーか取り上げたスマホでぶん殴っていたかも。

最近ね、年齢的なものなのか精神的なものなのか疲労のせいなのか、
なんかエネルギーみたいなものが枯渇しているようで、
何かあった時に怒りよりもスーッと気が抜けるんですよ。
その瞬間、ドンと怒りが爆発するんじゃなくて、
プシューッと気が抜けちゃう感じ。
これじゃいかんなあと思ってはいるんだけどね。

ただ、娘もこのブログを読んでるかも知れなくて。
謝ってはこないけど次の日から妙に優しかったりしてね。

小3の息子さんがドンバ読んでますか!
お買い上げありがとうございます^^
ドンバはそのぐらいの年齢の子供を、いろんな意味で刺激するように
描いてましたからねw
親子二代でドンバってどうなの、大丈夫?ww

地道な作業は、ある時期の読者に対して好きだと言って読んでくれてた事へのツケを払うためのもので。
ドンバに関しては、両編完全版を出せたことでホッとしています。
コミックスが出ても、出版社の都合で未収録話があったり最終話が抜けていたり、コミックスにすらならなかったり・・・。それは、それまで好きで読んできてくれた読者に対して、作者として本当に申し訳ない事だと思っていました。
そんな漫画がまだ他にもいくつかありまして、そのあたりをなんとかするための第一歩が現在やってる地道な作業だと思っています。
2014/10/24(金) 04:08:54 | URL | 御童カズヒコ #qbIq4rIg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。