ここは漫画家 御童カズヒコのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
温泉ガッパ ドンバ カパランテ伝説
講談社のコミックス全3巻で最終話だけ抜けてた件。 連載はまだ続くはずだったんだ。 ところが、デラボンで玩具かアニメか忘れたがヒモ付きの漫画が急遽始まる事になったようで。そこでページを空けなきゃいけない。 さあ、どうする?

連載中の漫画はやはりヒモ付きの漫画ばかり。 あと大御所の先生の連載と。 一番切りやすかったのが完全オリジナルだった「カパランテ」。 人気投票では「カパランテ」より下のものがいくつもあったんだけどね。 連載切るのなら最下位から切れよと思ったよ。悔しかった。

連載終了が決まっていたのなら、あと1回の最終話まで入れてコミックス化してるはずだからね。 所詮漫画は作品ではなく商品かと・・・。 スーパーで陳列棚のスペースが無いので、これ下げてこっちを出そう・・・みたいな感じ。怒りよりも脱力。

オレはオリジナルの漫画しか描きたくないと思っていたが、ウル忍を描いたのはそのへんの影響が大きい。ボンボンではオリジナルなんてそんな扱いだと。 そのあと編集部から描かないかと言われた、ウルトラマンの漫画を描けばそんな事は無いのかと・・・。

そのウル忍が、1回終了したものの再開し12年続いた。 今ではオレの1番の代表作だと思ってる。 結構複雑w

これはオレがそう思ってるだけで真相は解らず。 ただ情況証拠的にはそうなんじゃないかと思っている。 カパランテの電子書籍で、最終話を入れた完全版を出せた時はホント嬉しかった。 当時コミックスを買ってくれた読者には申し訳なかったけれど、ようやく作家ととしての責任を果たせたかと。

他にもいくつか、当時の読者に申し訳ない思いでいっぱいの漫画がある。 これをなんとかしないと、死ぬに死ねないな・・・と思っている。 今さら遅いかもしれないが、なんとかするから・・・。 読者の期待を裏切ることになった事への責任を、作者としてきっちりつけたいと思う。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。