ここは漫画家 御童カズヒコのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お義母さんとの思い出は
いろいろあるが、一番は2年前お義父さんが亡くなった時か。訃報を聞いて嫁が先に駆けつけ次にオレが、娘二人は事情があってすぐ行けず。
娘二人を連れてくるといったん嫁は家に帰り。 その晩、オレとお義母さんと亡くなったお義父さんと3人で一部屋で寝たっけ。

こんな経験したダンナっているかね?
オレもお義母さんもなかなか寝付けず、起きだしてオレは酒を飲む。
お義母さんも「私も梅酒を飲む」なんて言って、
そこから二人の馴れ初めやお義父さんの若いころの話をあれこれ聞いて。
朝方までいろんな話をしたっけ。

ワンマンで頑固なお義父さんだったけど、お義母さんはほんと頼りにしてて好きだったんだなあと実感した。
お義母さんと一晩飲みながら語り明かした事は忘れない。
お義父さんが亡くなってからかなり体調を崩していったのは、
やっぱり寂しかったんだろうなあ・・・。

今回の事は、お義父さんが呼んだような気がする。
「体もあちこち痛いし辛いだろう、子供らにもあまり迷惑かけるな・・・。
オレも寂しいからそろそろこっちに来いよ」って。
お義父さんが差し出した手を、お義母さんが握ったのかな・・・って思う。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。